豚肉は良質のたんぱく質が豊富で、必須アミノ酸をバランスよく含みます。
またビタミンB1も他の肉類より豊富で、牛肉と比べると約10倍の量です。
豚肉を120グラム食べると、一日の必要量を満たすことができます。
豚肉の脂肪は酸化しにくいため、効率のよいエネルギー源となります。
ほかにも、レバーには成長を促進するビタミンB2、抗酸化作用があり、若さを保つビタミンEが多く含まれています。
・コラーゲン
美肌、肌荒れ、眼精疲労、毛髪のトラブル
・アラキドン酸
必須脂肪酸のひとつ
免疫力改善、血圧調節作用
・パントテン酸(ビタミンB5)
善玉コレストロールの増加を助ける、疲労回復、ストレス軽減
ビタミンB12
貧血予防、脳・神経の働きを助ける、集中力・記憶力の向上
SPF豚は通常豚よりもより高品質の要素を摂取できます。





材料 4人分
豚肩ロース400〜500g
はつみつ・酒 各カップ1/2
しょうが汁大さじ1
しょうゆ大さじ3
たまねぎ1個
貝割れ菜

作り方
‘敍はタテに分割し、調味液に漬け込む。
■横娃亜遒離ーブンで、,鬘隠機腺横以かけて色よく焼く。
D缶1佞脇蕕貌れて煮詰め、焼きあがった肉を加えてからませ、そのまま冷やして
味を含ませる。
い燭泙佑はスライスにして水にさらし、水気を絞る。
貝割れ菜は2cm長さに切る。
ゾ篤擇鬘隠磽躙さに切り、器に並べ、たまねぎをのせ、貝割れ菜をちらす。



材料 4人分
もち米3合
豚バラ肉150g
干しえび20g
干ししいたけ4枚
ゆでたけのこ100g
しょうが1かけ
オイスターソース大さじ3
五香粉少々
鶏がらスープ180cc
しょうゆ・砂糖各大さじ2
※サラダ油・こしょう
作り方
,發訴討論ってざるにあげておく。
干しえびは水カップ1/2で戻し、みじん切り。干ししいたけは水で戻し、豚肉、たけ
のことともに1cm角に切る。しょうがはみじん切り。
フライパンにサラダ油大さじ1を熱し、もち米を弱火で炒める。米が透明になったら、
しょうゆを加えて炒め、炊飯器に入れる。
ぜ,砲靴腓Δを炒め、△了弔蠅虜猯舛鰡屬瓩襦オイスターソース、砂糖、こしょう、
五香粉を加える。スープを加え煮立たせる。
タ翦售錣豊い離后璽廚般瓩圭舛鮃腓錣擦凸楡垢蠶未蠅貌れ、具を加えて炊く。




材料 4人分
豚スライス肉150g
パプリカ・赤1/2個
レタス1/4玉
べっぴんねぎ1/2把
生しいたけ4枚
わかめ適量
※レモン・ごまドレッシング
作り方
‘撻好薀ぅ稿は、食べやすい大きさにして、熱湯でサッと茹でる。
レタスはちぎる、べっぴんねぎは4〜5cm長さに切る。パプリカはせん切り。
生しいたけはボイルしてスライスする。
ごまドレッシングにレモン汁を混ぜる。
ず猯舛鬚垢戮胴腓錣察器に盛り、ドレッシングをかける。




材料 4人分
豚スライス肉150g
菜の花1把
辛子
しょうゆ
みりん
すりごま
オイスターソース
ごま油
作り方
‘撻好薀ぅ稿は、食べやすい大きさにして、熱湯でサッと茹でる。
∈擇硫屬録べやすい長さに切り、サッと茹でて冷水で冷ます。
イ〜ヘの調味料であえる。



■本文は、学校法人「田北学院」学院長 衛藤孝代先生の料理指導書を参考にしました。
Copyright © 2009 KOKONOE FARM. All rights reserved.